闇金でお金を借りないように

法改正以降、消費者金融にまつわるトラブルは激減しました。しかし、今でも闇金や詐欺などのトラブルに巻き込まれる人がいます。安全に利用するためにも、どんな被害が報告されているか知っておくことは大切です。

闇金の見極め方

今でも闇金は存在します。法律で定められた以上の高利で貸し付けたり、脅しや暴力を使った取り立てを行ったりというのが闇金のイメージですが、以前より数は減ったといってもまだまだ闇金の被害は報告されています。やり口も巧妙になってきているので、闇金と知らずに借りてしまったということもあるようです。闇金かどうかを見極めるには、その業者に連絡する前に金融庁のホームページで貸金業登録番号を照会してみましょう。社名や住所、電話番号などを入力すると、登録されている業者ならヒットします。金融庁のホームページで見つからない業者は、正規の登録をせずに営業している違法な存在ですので、未然に被害を防ぐことができるでしょう。

消費者金融を使った詐欺

最近の詐欺には、アルバイトと称して消費者金融でお金を借りさせる手口があります。消費者金融業者の実態を調査するために、モニターとしてお金を借りてみてくれと言うのです。借りたお金の一部からアルバイト代が渡され、残りは返済しておくと言ってそのまま持ち逃げしてしまいます。後に残るのは消費者金融からの借入残高だけです。返済日まで発覚しにくく、気づいた時には相手は逃げてしまっているということが多いので注意してください。