書類はカードローンに申し込む前に用意しておく

カードローンでお金を借りるときにはいくつか必要な書類などがあります。用意をしなければいくらお金に余裕があったとしても返済できる信頼度があったとしても借りることは出来ません。ではカードローンで必要なものとはどんなものなのでしょうか。

カードローンで必要な本人確認書類

カードローンを利用するときには必ずといっていいほど本人確認書類が必要となります。また、本人確認書類といっても何でもいいわけではありません。 一番いいのは運転免許証です。パスポート、マイナンバーカードでも問題ないでしょう。これらのいいところは顔写真が記載されているという点です。カードローンを利用する人のなかには、勝手に他人の本人確認書類を使って借り入れをするという人もいます。もし他者の本人確認書類を使って借り入れをしたら、他者に勝手に借金を背負わせた問題となりますし、カードローン会社側もトラブルを背負ってしまうこととなるでしょう。余計なトラブルを避けるためにも、顔写真入りの身分証明書が必要となります。

もちろん保険証でも代用可能ではありますが、もう一つ他の身分証の提示を要求される可能性もあります。

収入証明書は状況によって必要かどうか決まる

もう一つ必要なものといえば収入証明書です。 こちらは場合によっては必要ではない可能性もあります。

カードローンは信頼が大切です。信頼関係がなければお金を貸すことは出来ません。多少の金額であれば身分証や申し込み書類のみで審査が可能ですが、ある程度の金額になるとちゃんとした収入があるのかどうか証明をするものが必要です。そのときに必要となるのが収入証明書なのです。

収入証明書は、給与明細、源泉徴収票、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書などが該当します。場合によっては複数枚提出しなければならない可能性もあります。

収入証明書が必要となるラインは企業によって異なりますが、だいたいは借り入れ希望金額が50万円や100万円を超えた場合となります。それ以下の場合は収入証明書がなくても借りることが出来る可能性が高いです。

基本的に、いくらくらいから収入証明書が必要かどうかはホームページなどに記載がある可能性が高いので、一度チェックをしてみてください。

身分証明書と収入証明書さえあれば問題なく審査を行える、というキャッシング会社がほとんどです。そのためもしキャッシングに審査をお願いするときは、どちらもすぐに提出できるように準備をしておきましょう。